びけいこわい 第3話

「うそだっ!」
 叫びながら飛び起きた。
 こんなふうに起きるのなんて、映画やドラマや漫画ぐらいしかありえないと思っていた。なのに今それを実践している俺。
「あ……れ?」
 確か技術室に居た筈なのに、ここは自分の家の部屋のベッドだ。
 夜だ。下でおふくろのうるさい声がするから、深夜ではなさそうだが。揚げ物のうまそうな匂いもするから19時くらいか?
 まさか夢? 夢オチか?
 そう思った俺を責めるなんて、相手が国王でも許さないぞ。
 ……がー。
「…………」
 おそるおそる、着ているパジャマの前ボタンを外してみた。
「夢じゃ、ない……」
 くっきりと、あちこちに嫌な赤痣が浮かんでいる。おまけにこれはなんだ、いやらしく腫れあがってしまった両乳首……。身体はさっぱりしてるけど、何か臭う。かすかだが……あれの臭いだ。
 信じたくないし夢だと思いたいが、確実の俺は千川にいやらしい事をされまくったんだ。どうやら尻は死守できたようだ、痛くないから。
「あいつ……、俺が好きだとか抜かしてたけど」
 何も好かれるような真似はしていない。
 そもそも、好いている人間をレイプするだろうか。ああでも、あいつは変態だからそうしたんだろう。
 猛烈に怒りが沸き上がってきた。
 あの野郎。
 よくも俺の貴重なファーストキスを、遠慮も無く奪いやがったな。俺のアレも好き放題にいじくりまわしやがって。
 男だぞ?
 女の子のダイナマイトおっぱいならわかるが、俺の関東平野の様に平らな胸を触って何が楽しいんだ? 野郎の匂いのするアレをさすって何の利益がある? 少なくとも俺にはない。あいつのも他の奴のも断じて、触りたいとは思わない。
 よく本屋でギャグウケを狙って、ホモ雑誌を面白そうだなーとか言ったことはある。言ったことはあるが、断じてホモの嗜好は俺には無い!
 ……無いはずなんだが。
 めっちゃくちゃ感じて、いってしまった俺。
 一生の不覚!
「やっぱり美形は駄目だ」
 ひょっとすると、世の中の美形は皆変態なのかもしれない。男はきっとそうだ。女は少数だろう。女が変態だったら、世の中滅びてしまうからな。ああそう、駅前のアイスクリーム屋のさくらちゃんは断じて違う。さくらちゃんは変態ではないが、千川は男だから絶対に変態だ。
 思わずため息が出た。
「恐ろしいな、美形は」
 美形とは、かくも呪われた性癖を持ち合わせるものなのか……。
 問題は、明日どうするかだ。
 今日は水曜日だ。明日も学校へ行かなければならない。何しろテストが近いからな。
 ぐうと腹が鳴る。
 食い物を求めて階下へ降りると、おふくろが俺の好きなカニコロッケを皿に載せていた。
「今日は薫の好きなコロッケ揚げたわよ。薫にとっておめでたい日だからね」
 めでたい?
 何を言ってるんだ?
「今日は誕生日じゃないけど?」
 俺が訝しむと、キッチンのテーブルの横のリビングのソファで、新聞を読んでいた親父がたぬき腹を揺すって笑った。
「はっはっは! そりゃ薫、お前に恋人ができた記念日だからな」
「……恋人? さくらちゃんが来たの?」
 願望を混ぜて言うと、違うわよ、それに浮気をしたら駄目じゃないとおふくろに注意された。
 そうは言われてもな。全く心当たりが無いんだが。
 椅子に座った俺に、おふくろは箸をくれた。
「さっき、薫をお姫様だっこして、連れてきてくれた千川君よ」
「千川だあ!?」
 なにボケとるんだこいつら!
 あいつはレイプ犯であって、恋人などではない!
 百歩譲って合意のエロ行為だったとしてもだ、俺は男を恋人になんぞいらんっ!
「千川君、薫を部屋に運んでくれた後、両思いになりました。男ですが薫さんを愛しておりますので、どうぞつきあいをお許しくださいって、礼儀正しく頭を下げてくれたのよ。もう薫ったら、あんなに綺麗な子、どうやって落としたのよ。ちょっぴり妬けちゃうわ」
 気持ち悪いしなを作るな、おふくろ。
 それよりどういうことだ? 何故俺が奴と両思いになどなる?
 俺は襲われたが、奴の変態的な告白を受け入れてなどいないぞ。あんなもん、無理矢理されただけじゃないか。そりゃ途中で感じてしまったのは認めるが。
「俺、あいつとつきあってなんかいないぞ」
 俺はそう言って、カニコロッケを食べた。うまい。おふくろの料理がうまいから、親父は結婚後太った。しかもこんなクリームたっぷりなもんを夜に食わせたりするから、ますます太る一方だ。
「でも、千川君は、裸で抱き合った仲ですって」
 おふくろの赤裸々な言葉に、俺は飲み込みかけていたカニコロッケを、親父の横顔に思い切りぶちまけた。
「な……っな! な!」
「やあねえ、恥ずかしがらなくてもいいじゃない。そりゃちょっと早い気はするけど、千川君は紳士そうだし、ちゃんと上手にやってくれたでしょう?」
 この女、子の親として限りなく問題があるぞ!
 初体験が早いのかはよくわからん。最近は小学生でもやってる馬鹿が居るらしいし、中学校で済ませる馬鹿も居る。
 そういう問題じゃない!
 アレのどこが紳士そうなんだっ。繰り返すがあいつは男だ。男と男がエロエロしいことして、早いも遅いも無い。病気もんだろうがよおおおおおっ!!!
 普通は男と女でするもんなんだよ! 
 ああ? 古代ローマとか、日本の江戸時代より前とかは盛んにあったらしいがな。
 今は現代日本なんだ。そんなもんを、素直に受け入れる親がどこに居る!?
 ……いや、ここに居るが。
「ともかく、俺はあいつとはやってねえし、恋人でもない。俺は承諾してない」
 あれは夢だ。夢だったんだ! 
 思い込めばそれは事実になるんだ!
「ええ~? あんなに綺麗な男の子なのに。薫にしてはえらい大魚を釣り上げたって、お母さんうれしかったのよ?」
「おふくろがうれしくても、千川の母親はどうかな?」
 口直しに二個目のカニコロッケを頬張った。
「……そうね、薫程度じゃ、千川君のお母様もお気の毒かも」
 ずれてんぞ!
 大体、俺が大したことがないのはお前ら二人の遺伝なんだから、仕方ないだろ!
 カニコロッケをすべて平らげ、忌まわしい臭いが漂う身体を、シャワーで流してさっぱりして部屋に戻ると、机の上のスマホが鳴っていた。
「…………」
 知らない番号だ。
 嫌な予感がしたから出ないで居たら、しばらく経ってから切れた。髪を拭きながら着信履歴を見ると、その番号が二つ並んでいた。一時間前と少し前だ。
 奴かもしれない。出ないにこしたことは無い。大体赤他の他人でも、重要な事柄なら留守電に入れるからな。
 ベッドに寝転んでいたらまた鳴った。
 しつこいな。
 ここは一応出ておくべきか。
 はっきりと、気味の悪い告白は断らなければならないからな。
「もしもし」
『やっと出たー。僕だよ、要』
「……どちらの要さんですか?」
『ははは、薫はツンデレさんだなあ。千川に決まってるだろう? おちゃめな君も素敵だけど、要って呼んでほしいな』
 全身がチキンになった。寒すぎる発言だ。
 今すぐ切ってしまいたが、きっちりと断らなければ、この変態は学校でデマを広めてしまうだろう。
「お前は何か勘違いをしている。俺はお前とはつきあってないし、恋人になる気もない」
『ええ? ひどいじゃないか。あんなに僕の腕の中で啼いてたくせに!』
 寒いを通り越して、凍みる。誰かこの変態を精神病院へ連れて行ってくれ。
 美形は怖い。マジで怖い……。
 寒気と恐怖で身体が震えてきた。嫌な汗が滴って顎から落ちる。
「とにかく……困るよ。皆にこんなの知れたら、俺」
『なんだそうか。恥ずかしいんだね薫は! わかったよ、シャイな君のために隠しておいてあげる。そのかわり浮気は駄目だからな。あの響とか特にね!』
 何をトチ狂ったか、俺の気持ちを捩じ曲げて悟った千川が、おかしなことを言う。
 待て! 俺は恥ずかしいのでもなんでもない。
 お前なんか好きでもない。はっきり言って嫌いだ、怖いんだ!
 できうるかぎり近寄ってきて欲しくないし、興味も持つな!
 それに響とどう関係があるんだ。
「お前、何言ってるんだ。響とはつきあってなんかいない」
『そう信じたいけど、あいつ、やたらと薫と接触してるじゃないか』
「友達だから当たり前だろう!」
 この変態を、だれかいっそ日本海に沈めてくれ。
『恋人以外といちゃつくのは駄目だ。わかったね薫?』
「俺はお前の恋人じゃない!」
 怒りと恐怖で、ほとんど俺は絶叫していた。
 しんと電話の向こう側が静かになった。
 さきほどまでぺちゃくちゃ話していたから、すげえ気になる沈黙だ。
 ………………。
 階下でおふくろの馬鹿笑いの声がする。
 外はまだ雨だ。
 俺、悪くないよな? 勘違いをちゃんと訂正したんだから。
『ふうん。そういうこと言うんだ……。じゃあ明日、学校で覚悟しておいてね』
「ちょ……っ!」
 奴は超低温で言い、俺の言葉も聞かずに通話を切った。
 覚悟って何だよおい。
 俺はひょっとして、変態を藪で突いてしまったのだろうか……。
 うおおおおお、明日、学校行きたくない! 

Posted by 斉藤杏奈