びけいこわい 第4話

 学校が火事になって燃えないだろうか。
 もしくは今すぐ宇宙人が侵攻してきて、世界が大混乱に陥ってくれないだろうか。
 学校行きたくない……。
 学校へ向かう、ほんの1キロほどの道のり。いつもならなんてこともないフツーの道なのに、今日はさながら処刑場へ向かう死出の道のようだ。
 朝、腹が痛いと仮病を使った俺を、おふくろはうそつくんじゃないのと蹴飛ばした。親父はそれを見て、いじめにでもあってるのかと大笑いをする。
 くそ。いじめならまだましだ。レイプだっての。
 しかも感じまくったから、もはやレイプと言えるのかどうか……。
 仮に俺がそう言ったとしても、学校で一番モテる千川と、平凡の極みの俺じゃ、皆がどっちの意見を聞くかなんてわかりきっている。
 世の中、美形が得するようにできているんだ。
 まったく不平等も極まれりだよな。
 福沢先生。俺はどうしても貴方のお言葉が理解できません!
 天は人の上に人を作りまくっていますし、人の下に人を作りまくっています。
 校門を通って、普段どおりの朝の風景にホッとした。どうやら奴はデマを広げなかったようだ。
「うーす、薫。メール読んだ。深刻な事態だから、今日は一日つきまとってやるよ」
 つきまとうってなんだ? ストーカーか? 語句の利用がおかしいぞ響。
「でもお前、彼女が」
「こんな時にお前の側に居なきゃ、はったおされそうだし」
 本当は家からついてきて欲しかったのだが、響の恋愛を邪魔したくないので、恐怖を押し隠して断った。幸い何も無かったから良かった。
 並んで昇降口へ歩いていると、不意に横が翳った。
 こここ……この、見かけの爽やかさの割には、蛇のような執念深さを(俺だけが)感じさせる男は!
「おはよう! 薫」
 やっぱり千川だ……。
 他の生徒が次々と挨拶をしてくるのに、飛び切りの笑顔で返しながら、千川は俺の横をキープし続ける。こいつにとって、これは結構よくあることだから誰も気にしない。広く浅く接するのが、こいつのポリシーだと何故か思われてるんだ。信じられないけどな、今では。
「俺への挨拶はないの?」
 響が言ってくれ、千川はああ忘れてたゴメンネと謝った。だが俺にも響にもわかっている、こいつの響を見る目は氷の様に凍り付いている事を……!
 稲妻とブリザードが吹き荒れている。俺達の周りだけ氷雪気候になってしまっている。さみいぜ……夏なのにな。
 そのまま俺は二人に挟まれて、教室に入った。幸い千川はそのまま自分の席に行ってくれ、恐ろしい何かからは解放された。
 いつもの様に前の席に響は座った。
「油断ならねえぞあいつ。隙がまったくねえ」
「まじ?」
「まじまじ。あいつ、空手やってっぞ絶対」
「そういや……、なんかやけに組み技が上手だったような」
「そんな感じ。やべ、俺、勝てないかも」
 おどけて言う響。冗談でも怖すぎる。
 響が勝てなかったら、俺はあの変態の餌食だぞ。今度こそ掘られてしまう、未知の世界へ誘拐されてしまうんだ。
 いーやーだーっ!!!!!
 二人で警戒していたが、予想していた千川イベント(?)は、全く起きなかった。千川はいつもと同じように、遠目で俺らをじっと時折見つめるだけで、休み時間も食事の時間も接触してこようとはしなかった。何かを仕掛けてくると思ったのは、小心者の俺のただの怯えだったのかもしれない。
 だけどなあ、あの電話での脅しはぜったい本気だったと思うんだ。
 だからこそ、放課後へ向かう一分一秒が、怖かった。
 そしてそれは正しかった……。
 六時限目は体育だった。男女一緒にバレーの授業だ。
 千川はバレーも上手で、おっそろしいアタックをばしばし決め、隣の女子のコートから黄色い悲鳴が上がっている。
 おまえら観戦してないでプレイしろよ!
 俺? 俺は目立たないように後方でボールを取る役。俺はバレーが何より苦手なんで、得意な響が前方で飛んでくるボールを皆取ってくれている。
 いや~しかし、向こうのチームでなくて良かった。千川のアタック怖すぎる。可哀想にな、相手の連中。
「あぶない! 避けろ!」
 突然響が叫ぶ声。
 はっと気づいた時には遅かった。
 隣に気を取られていた俺は、響が受け損ねたアタックをもろに顔で受けてしまった。
「薫!」
 星が一杯散ったかと思うと……、真っ暗になった。
 千川を見てなければ、こんなことには…………。
 ……………………。
 何か重い。
 なんだろうこの重さ。誰だよ寝てる俺の上に漬物石置いたの。
 おふくろだな。またできもしない漬物にチャレンジしようってのか。いっつも糠床を完成させる前にかびさせるくせに、何考えてんだ。てか、俺の上に漬物石を置くな。
 だがそれはびくともしない。俺が両腕に力を込めても、ぴったりと俺に張り付いて離れない。
 なんだよこれ。
「起きた……? 薫」
「…………」
 状況が把握できない。ここ、俺の部屋だよな? 俺はいつの間に家へ帰ったんだ?
 昨日と同じだぞこれ。
「薫、前を見てよ横じゃなくて」
 夢か?
 ありえない男の声が……声? 声って…………えええええええっ!?
「せ、せせせ、千川!」
「やっとこっち見たあ。薫の可愛いおでこにボールをぶつけやがった奴には、たっぷりお見舞いして置いて上げたからね」
「ちが……!」
 何故か俺は、両手を万歳の状態で、色気駄々漏れの千川に組み伏せられていた。
「お前、なんでここに」
 にこりと千川は笑った。
「そんなの決まってるじゃないか。倒れた薫をここまで運んできたからだよ。あ、おばさんには、これから町内会へ行くから、僕の相手をしてあげられなくてごめんなさいだって。ご飯、僕の分まで作ってくれたよ、後で一緒に食べようね」
 ぐぐぐ……とシーツに押し付けられる手首が痛い。
「響……は」
「彼女が事故ったらしくて、それで飛んでったよ」
「ええ!?」
 驚く俺に、千川は大笑いした。
「うそだけどね」
「……え?」
「彼女の高校に俺の友達が居るんだ。仕組んでもらっただけ」
「おまえ……」
「だって、あいつが悪いんだよ、僕と薫の邪魔をするから……」
 千川はそう言うと、俺の首筋に顔を埋めて、思いっきり吸い上げやがった。
 痛い痛い! 何をしやがる。
 くそ、馬鹿力め!
 もがいても動けねえ。なんだよこいつ。ほそっこいくせにどれだけ鍛えてるんだ……。
「逃げるのに必死な薫って……」
 くすくすと耳元で含み笑いする千川。
「すごく興奮するな」
 俺はしねーよ! 変態ィーっ!

Posted by 斉藤杏奈