びけいこわい 第5話

怖いことに千川は俺の腰からベルトを抜き取り、俺の両手首を万歳させたままベッドヘッドに括りつけやがった。
冗談ではないのは千川のコワイ目を見てればわかる。こいつは本気で俺に穴を掘る気だ!
制服のシャツの前ボタンがぶちぶちと外されていく。
肌着なんて着てねえから、そのまんま何もかもがあらわになって……。
「ひっ! 何をしやがるてめえ……あ!」
飛び出てもいない俺の乳首に吸い付いて、歯で噛みつきやがった。地味に痛い! 俺のそれは食いもんじゃねえよぉ!
「やだ……やだっ……、やめろっておまえ、しゃれにならねえから!」
れろれろ舐めて吸われ、乳出せと言わんばかりに歯噛みされる。女だったらあんあん言うのかもしれないけど、男の俺は言わねえからな。この間はどうかしてたんだ。だから……!
「うわあっ!」
「もっと色気のある声出してよ」
「うっせ! お、お前相手に出してたまるもんか!」
怖すぎて涙がどわーっと出てくる。だって、また千川が俺の大事な息子を勝手に握ってやがるんだから! 止めろそれだけは。この間みたいなのはもう嫌なんだ!
それなのに千川は嬉しそうに笑いやがった。
「ああ……本当に薫の泣き顔って可愛いなあ」
やっぱりこいつ変態だ──────っっ!!!!!!

しかし、逃げようにも前回のネクタイと同じく手首を縛られてるし、さらにベッドに固定までされていて、腹の上には乗りあげられてるし、身動きがまったくとれない。ぎゃあぎゃあ叫んでも家には誰もいないから、誰も来てくれない。きっとこいつのことだから、響がガセだって気づいてこっちに来ようとしても、来れないようになんかしたに決まってる。
八方塞りじゃんかよ!
誰か俺を助けてくれよまじでっ!
怖くて焦って必死にもがいている俺に、恍惚とした笑みを浮かべる変態は、また俺の貴重な唇に吸い付きやがった。つくづく吸い付くのが好きな変態だ。俺の何回か目のファーストキスはまた、奴に奪われた。
ファーストキスは、さくらちゃんが良かったのにい!

「んんう……っ……ふ、う」
唇が割られて舌が入り込み、同時に乳首が嫌って程抓られた。
「うううっ!」
痛いから呻いた声は、千川の口の中に消える。飲み下せない唾液が溢れて、口の横に流れていく。千川はずっと乳首を嬲り続けキスを止めない。
困ったことに、この間みたいに甘くうずき始めた俺の身体。
やめろって、これは確実に変態行為だ!
感じてしまったら変態の仲間入りなんだよおっ!
「……はああっ」
やったら長げえキスが終わったかと思うと、また千川は乳首をちゅうちゅう吸いだしやがる。出ねえよ何も。
「ああぁ……んっ!」
いや、出てる。俺が発したくもないよがり声が……!
「もっと声、出して」
千川は唾液にまみれて真っ赤に染まった俺の乳首を、人差し指と親指でいやらしくこね回す。もう片方も同じようにされて、じんじんする。もう痛いだけじゃなくて……気持ちよくて! 信じられんけど、俺の息子は元気になっていく。
「乳首だけでいけそう?」
「ば、俺は女じゃねえっ」
「女だよ。だって気持ちいいんだろ?」
怖い美貌で千川は笑い、また乳首をちゅうちゅう吸いだし始めた。
出ないって俺の声しか!
「はぅん……、ん、ん、……あ、違う違う……」
じゅるじゅると吸われ、片方を意地悪く抓まれて、腰がとろけそうに甘くしびれて、俺がおかしくなる。
得体のしれない快感が行き場を求めてるけど、両手首が逃してくれない。ここに留まって、千川の変態行為に歓べって言うんだ。
「ああそうだった」
千川は唐突に乳首から唇を離した。

いきなり途切れた快感を残念に思った俺。でもそれは一瞬で、ほっとする。だけどそれは本当に一瞬だった。千川は自分のネクタイを解いて、それでよりにもよって俺の息子の根元をきつく縛りやがったんだ!
堰き止められて痛い。
「何……すんだよ!」
「だって、これからドライでイってもらうし」
「ドライって……なんだよ」
「この薫の可愛い奴でイカずに、後ろでイってもらうの」
「な……!」
まんま女じゃねえかよっ。
「やだ、やだ! 離せってこの変態がっ。つーか解け!」
「だあめ。だって、せっかく捕まえたんだからね。ふっふふ」
美形怖いーーーーーーーーーーっ!
千川は今度は女にするみたいに胸を揉みながら乳首に吸い付く。散々嬲られているそこは、赤く腫れてきていた。奴の指が触れてだけで、電気が走ったみたいに甘く痺れてしまう。
「うぅ…………、あう、やだ、……せんか、わ、俺、ああっ!」
ちゅううって強く吸われる乳首、今度は優しく撫でる指。じいんとして、せきとめられているあそこがたまらなく疼く。
甘い疼き?
「あ、……ああっ…ああっ!」
違う。甘くなんかない。
痛いんだ。
だけど、それが気持ちよくて……。
「イケよ」
千川の冷酷な声と一緒に、強く捻られる両乳首。俺の身体は千川のマリオネットになったみたいに、びくんびくんと飛び跳ねて、俺は射精もなしに達した。

絶頂の余韻でぶるぶると身体を震わせる俺を、千川は休ませるつもりはないらしく、また乳首を吸い出し始める。今度は俺の固くてぎちぎちになった息子をさすってやがる。
行き場のない愉悦がぐるぐると俺の中で出口を求めてるけど、よがり声を出すしか方法がない。
「はあっ、は……、あ、んんんっ……やだ。お願い、かいほー……して。あ、痛いよ!」
相変わらずぼろぼろ泣きながら訴える俺。でも千川は鬼だった。
「だあめ。悪い子の薫にはあと二回ドライでイってもらうからね」
「やだああっ!」
子供みたいに首をふるふる振る俺に、千川はキュンキュンしまくっているらしく、にたにた笑いながら夢中で俺の息子を擦りまくる。
「俺、悪くないっ。……から!」
「じゃあ、誓える? 僕が薫の彼氏だって」
嫌だそれだけは! 俺は変態じゃない。
くっと唇をかみしめる俺に、だから駄目なんだよねと嬉しそうに言う千川。こいつはマジで鬼だ!
「く……っ!」
ぬるりと、俺の息子を温かくてやわらかな粘膜が包む。千川が俺のをフェラしはじめたんだ。
「ああ!」
双球をいやらしく撫でまわして、竿から先端へ舌を滑らしたり、小さな穴を下でつついたりする千川。にじみ出ているカウパーをおいしいねと啜る。ギッチギチになっているのにイけない。出さしてもらえない。
「ううううううっ!」
ダメ押しのごとく、後ろの穴に指を突っ込まれた。やっぱりこいつは俺に穴を掘る気だ。
快感が消え去って痛い。
だけど、千川は絶妙なタイミングで、俺の息子をしゃぶり、じゅうじゅうと吸い上げながら、穴を探る。
探る、そう、何かを奴は探している。
何もねえって!
そう思ったのに、奴の爪の先が何かにひっかかって、俺の身体は飛び跳ねた。
「みーつけた」
びくびくしている俺の息子から唇を離して、ニンマリ笑った千川は、俺の穴から指をひき抜くと、自分のズボンのポケットから軟膏のチューブを取り出した。
涙でぼやけながらの視界でも、そのピンク色のチューブは異様に見えた。
「な、なんだよそれ……」
「なんだと思う?」
千川はチューブのキャップを外して、こともあろうにそれを俺の穴に突っ込んだ。そして……。
ぶちゅうううううっ。
中身を全部入れやがった。
入れ終わるとチューブを取り出してキャップを閉め、千川は再び俺の穴をいじり始めた。

なんだよ。なんだよ、ただの潤滑油って感じじゃなかった。
不安でたまらない俺は、しきりに千川になんだよと聞いたけど、千川はじきにわかるとにやにや笑うだけで、ぬるぬると嫌な感じがする俺の穴を指でぐりぐりと擦る。
その間も俺の息子はじんじんするし、乳首は疼いてたまらない。
「……はあ………ん……っ」
なんか熱くなってきた。
変だ。
手の指先も足の先も、痺れるような気がする。溶けかかったバターみたいな、あんな感じに身体じゅうが怠い。
千川はそんな俺の様子を眺めながら、さっきの場所を強く指で擦った。
「あぁあああんっ」
信じられない快感が腰やら息子やらに走った。一瞬でイってしまい、俺はまた身体をびくびくと震わせる。だけどさっきと違って千川が手を放しても、余韻が去ってくれない。むしろどんどんひどくなる。
変なんだ。
触ってほしくてたまらない。

それなのに千川は俺の上から退き、俺の両手首を縛っているベルトを解いた。
「今日はここまでにしてあげる。可哀そうだしね」
「あ……」
うそだろ。
そんなのひどい!
俺は、部屋を出ようとする千川の制服のシャツを掴んだ。
「なあに薫? イきたくないんでしょ?」
そうだけど、そうだけど……。
さっき引っ込んだ涙がまたぼろぼろ出てくる。
千川はうれしそうにため息をついて、俺に深い口付けをした。
「本当に可愛いなあ……。ふふふ。じゃあ言ってごらんよ。千川要が俺の彼氏ですって」
「それは……」
「言わないなら終わり」
ひどい。
俺は千川を睨んだけど、上目遣いで睨んだ俺は可愛かったようで、千川の情欲を煽っただけだった。
千川は、ベッドに腰かけて、俺を自分の膝に座らせ、大股開きをさせた。
「仕方ないから、言いたくなるまでつきあってあげるよ」
そう言いながら、得体のしれないぬるぬるを俺の息子にまで塗り、擦り始めた。
「あうっ……あああああっああっ!」
「きーもちいいよねー。薫だけの特別製媚薬。僕のドラッグ狂いの友達に作ってもらったんだ」
媚薬だあ!?
「いやだあっ、やだ、やだ、やだーっ」
「乳首赤くして、涙でぐっちゃぐちゃ、こんなにギンギンにさせていやだーっはないでしょ? もっとやってなんでしょ? 早く認めろよ。そうしたら僕のを突っ込んでやるからさ」
奴のズボンごしにわかる、固く張りつめているものが。
恐怖にしかならないはずのそれに、俺の穴はきゅうんと痺れた。
これを突っ込まれたら、どれだけ気持ちいだろうか……。
快感で小刻みに震える俺の耳を舐めて、千川は、悪魔のように囁いた。
「僕は、薫の彼氏だよね?」
同時に、穴に入った指が感じるスポットをゴリゴリ擦った。
「うううううっ……───!!!!」
有り得ない気持ちよさが一気に俺に襲い掛かり、俺じゃないもう一人の俺が屈服する。
もう駄目だ我慢できない。
しぶしぶ俺は頷いた。
「……うん」
そしてまた、愛撫されてビクビクビクっとする俺。さらに追い詰めながら千川は舌なめずりした。
「はっきり言ってよ。じゃなきゃ放置するよ?」
息子を力強く擦られる。俺の穴が千川を求めてぐにゅぐにゅ蠢く。
「ああっあああっ! 言うよ、言うからあっ。千川……、あぁ…かなめは……ん、んぅ……俺の、か、彼氏です」
……言ってしまった。
くすくす千川は笑い、俺をベッドに寝かせた。そして自分の服を脱ぎ、涙目で見上げる俺に、見せつけるように自分の黒光りしている息子をぶらぶらさせた。
「このぶっとい奴を、薫に入れられるなんてうれしいな」
ベッドに乗りあがって来て、千川は俺の穴をそれで突く。それだけで俺の穴はきゅうきゅうする。
「はう……っ。い、から、入れて!」
「んーもったいないなあ」
「はやくうっ!」
「こんなにエロい薫見られるなんて、貴重だなあ」
そう言いながら、千川は俺を貫いた。

最初からものすごい勢いで突かれまくる。媚薬のせいで気持ち良すぎてたまらない俺は、そんな千川に抱き着いて腰をくねらせまくった。
だって気持ち良すぎるんだ。擦られれば擦られるほどたまらない。
貪られるようなキスもいい。もっと蹂躙してくれたっていいんだ。ひどくされたい。
だけど千川は素直になった俺に紳士的で、思ったように動く。正直物足りない。
ずぶ、ずちゅ、ずちゅっ!
いやらしい音がする。
千川にしがみ付いて、夢中で奴の息子を穴で締め付ける俺は、普段の俺を知る人間が居たら驚愕する痴れ狂いぶりだろう。
「あっあっ……もっと! 千川……奥、乳首触って」
「いいよ。ふふ、見てよこの乳首。おいしそうなイチゴみたい。女の子だよね」
乳首に唇を寄せて、優しく含んだかと思うと強く吸い上げられる。
それだけで俺はまた達してしまった……。
「あーあ。薫ってばイきっぱなし。エロエロ星人だよねえ。かーわいいね」
「んん………あ、、せんか」
「要だよ」
唇に指が入り、舌を撫でられる。
「か……なめ」
「何?」
「止まらないで、はげ…しくして」
くっと千川は笑う。
「了解」

いきなり千川は俺から出ていく。そしてさっきみたいに俺を膝に座らせながら、背後から俺を貫いた。
「あああっ!」
手足をばたつかせる俺を、強く抱きしめる千川。
はらりと息子を縛っていたネクタイが解かれた。
「あ……」
解放感にほっとするのもつかの間。千川は先ほどとは打って変わって、ガンガン腰を突き上げて、俺の息子をもみくちゃに擦り始める。
「ああっ…ああっ……!」
「もっと声出して、エロいの」
「はああっ……ん。やだ……あ」
「薫の嫌だはやってだよね。かわいい」
何度も可愛いと言いながら、千川は俺をずんずんと貫いて揺さぶる。結合部からあのヌルヌルがだらだらと出てきて、それが淫靡なねちゃねちゃになって、千川と俺の熱でまたいやらしく変化する。
ぬちゅっぬちゅ…っ。
「ああ……。薫の中最高……。僕ももたないや……。一緒にイこうか?」
「んっ……ん!」
わけのわからないまま返事をする俺。

腰の動きに激しさが増す。
男くさい部屋に、男だけの喘ぎ声と獣っぽい息遣いってどうなんだ。
だけどだけど、気持ちがいい。
もっとやってくれよ、要。
千川は上り詰める前に、また黒光り息子を俺から引き抜いて、俺をベッドに仰向けにして貫く。そしてキスをしながら突き上げてきた。
向かい合わせって恋人同士みたいじゃんか。
泣きながら千川を見ると、切羽詰まった顔で千川は微かに笑った。
……あれ、ひょっとして……美形って………かわいいのか?
そう思った俺は媚薬に毒されていたんだろう。
びくんびくんびくん。
千川が俺の中で弾けた。俺もやっと白濁を吐き出す。
倒れこんでくる千川を抱きしめてしまう俺……。
まだ千川は俺の中で息づいてる。

あああ、やっちまったのに後悔がない。
……気持ちいい。

Posted by 斉藤杏奈