びけいこわい 第2話

 怖い、怖すぎるだろこれ。
 千川は犬ではなくて人間のはずだ。人間は飴やアイスぐらいしか舐めない。人の頬を舐めるなんて有り得ない。
 顔を背けようとしたら、がっと両頬を両手で押さえつけられ。今度は瞼ごと舐められた。
 ぴちゃりぬちゃり……。
 ぎゃーっ! 変態だ! こいつ、とんでもねえ変態だっ!
 もう怖いとかなんのかのと考えてる場合じゃない。何とかして逃げないとっ!
 幸い今のこいつは、俺の顔を舐めるのに夢中だから、身体への圧力はない。俺はさっきとは逆回転に転がった。ごちんと音がした。千川が床に後頭部をぶつけた音だ。
 形勢逆転し、俺は無くなった拘束に力を得て、出口へダッシュした。
 ……つもりだった。
 何故かズボンが絡まって、立って直ぐに転んだ。
 もう痛すぎるって。転ぶの二回目よ?
 急いで逃げないとやばいってのに。
「え?」
 再び立ち上がろうとして失敗した。見ると、俺のズボンの左の裾に、千川の手があって、握り締めている……。
 まじかよ。
「離せ……!」
 もうこちとら必死よ。なのに、奴は俺より怪力だから(俺が非力なだけだけど)、渾身の力をこめて引き剥がそうとしても離れない。
 後から考えたら、この高校の生徒は体操服の上に制服を着るのがデフォで、俺もそうしてたから、ズボンを脱いで逃げればよかったんだが、この時は頭がテンパってて無理だった。
 再び千川が圧し掛かってくる……。
「いけない子だなあ……薫は」
 ぎゃあああああああっ!
 まるで追い詰められたウサギを追い詰める、腹を空かせまくったオオカミみたいな声だ。
 こいつ病んでるよー。誰がいけない子だっ!
「うっせえ、馬鹿! てめえ離せよ!」
「離すわけ無いだろうが。やっと1人になったところを狙えたんだし。いっつもいっつも誰かがそばにいたから、近寄れなかったんだからな」
「はあ?」
 意味不明な話を始めた千川は、俺のブレザーのボタンを外して、そこから手を滑り込ませてきた。
 な、な、なんだよっ。
「ひぃ……っ」
 服の上から胸をさすさすされた。ぞわわわわと肌が粟立つ。男に粘着質に触られたら、誰だって気持ち悪い……はずなのに、気持ちいい。
 熱い。なんで?
 べろりと首筋を舐められた途端、なんだか変なものが腰へ走った。何これ。気づいたら千川の手はカッターシャツのボタンも外し、中の体操服や下着を押し上げ、肌に到達していた。
 なんつう早業だ!
「は…に……っ……を」
「想像通り、綺麗だなあ……薫。あいつに触られたりしてないよね?」
 あいつって誰だよ? それより……うう……ベルト外されて、ズボンが……あうっ……直接股に手を押し込んできやがったこいつ。
「おま……ホモ?」
「やだな、違うよ。薫が好きなんだ」
「なに……い!?」
 唐突な告白に、いきなり俺の大事なを握り締められて、声が裏返ってしまう。同時に乳首がきゅっと摘まれて、異様にそれが甘く疼いた。
「やめ! お前……冗談っ!!!」
「冗談なんかじゃないよ薫。ずっと、ずーっと好きだったんだ。ここに入学してきた時から」
 うえええええええええ? まじですかい。でも俺たち三年生だよな? それって、俺が気づいてないだけで、こいつに見られてたってこと? 三年数ヶ月も?
「おまえ、俺が嫌いで……睨んでたんじゃ……」
「馬鹿だな大好きだよ。ふふふふふふ……。ああ、でも、好き過ぎて目が怖くなってたかもね」
「ひうぅっ! あ……は」
 何て声だしてるんだよ俺。でも、でもさ、なんか身体が裏切りやがって、ジンジンあそこやら乳首やらが疼いて仕方ないんだ。変だ、舐められて気持ちいいのって一体。
 冗談じゃない。俺は彼女が欲しいんだ。変態の餌食になってなってたまるか。
 美形なんてくそくらえだ。
 とりあえずこいつは俺に殺意は無いらしいが、犯す気はまんまんらしい。
 とんでもねえ貞操の危機だ!
 諦めずに逃げようと両腕に力をこめた途端、鋭くそれを察知した千川が、こともあろうに、俺のネクタイを引き抜いてそれで両手を後ろに縛りやがったんだ。しかもぎちぎちで血が止まりそうだ。
「解けよ!」
「駄目だよ、逃げるだろ?」
「当たり前だ。俺はホモじゃない」
「ホモだよ。だって、こんなに喜んでるもの」
 情けない事に、俺の息子はギンギンに固くなって反り繰り返っており、奴が先っぽをぐりぐりとすると、たまらないむず痒さで腰が蕩けた。
「ああ……っ!」
「ははっ、いい声だ」
 うれしそうに千川は良い、感じすぎてぶるぶる震える俺を仰向けに転がし、強引に口付けてきた。快感でぼけてる俺はそれに抵抗なんてできず、なすがままに唇を舐められたり吸われたり、舌を絡められたり思う様に嬲られた。
 くちゅくちゅと執拗な口付けは、やっぱり変態だ。
 美形は怖いが変態はもっと怖い。
 それなのに俺はあまりの気持ちよさの前に、ちっぽけなプライドが無くなっていってしまう。
 ぐいぐいと押し付けられてくるのは、奴のアレだ。俺のよりでかいんだろうな……、なんとなくわかる。
 あ……それより。
「うう……く…………っ」
 俺のアレを握り締め、愛撫する手が早くなる。たまらなくなって、千川にしがみ付いたら、奴はうれしそうに笑いやがった。くそが!
「もう……それ……っああああぁ!」
「我慢しないでいったらいいよ」
 ぬりゅぬりゅ……ずる……っずる。
「や……だ! 野郎の手なんて……っ」
「だーめ。僕の手でいくんだ」
 奴の唇が離れ、胸に奴と俺の唾液がぬるりと垂れ落ちていく。
「ああっ……! あぁ……ン……や……くそ……うううっ」
「我慢してる薫は可愛いなあ……」
 千川が、ダメ押しとばかりに乳首をちゅううっと吸った。
 もう駄目!
 俺のアレが限界を告げる。
「…………────っつ!!!!!」
 びくりと背中が脈打った。
 どぷどぷと白濁が出る。俺のズボンは抜き去られてるから無事だけど、奴の手は俺の白濁まみれだ……。
「はあ……はあ……」
 身体が熱い。力が入らない。あそこがぬれぬれのぐちゃぐちゃで……。
 また千川がまた俺のアレを扱き始めた。一体何回する気だ。そもそも男が男のものを触ってうれしいのか。
 変態だからうれしいんだろうな……。
「う……ふぅ」
 また唇が塞がれる。むき出しの股に、直接千川のアレが擦りつけられ、俺のと一緒に握られた。うへえ……、まじでホモのフルコースだ。
 だけどやっぱり気持ちがいい。
 俺のヌルヌルのあれと、奴のギンギンのアレが合わさり、手荒い手つきで激しく扱かれる。千川はずっと俺の口を吸っては舐めて、舌を絡める。もう口はぐちょぐちょだ。汚いけどそれがなんだか興奮する俺って、一体なんだ?
「ああ、たまらないな……薫が俺の下で喘いで、俺の手でいって、俺の手をこんなふうにどろどろに汚してくれるなんて……。ははは。こんなに赤い顔をして本当に可愛いよ、薫。思ったとおりだ……。好きだよ、凄く好きだよ」
 変態じみたねっとりした声で囁く千川。
 それなのに、俺はかあっと身体を熱くさせてしまう。どうなってんだ俺? 正気に戻れ!
「おま……え、こんなのが……たの、しいの、かよ?」
 快感に打ち震えながら聞くと、奴はさもうれしいとばかりに微笑んだようだ。
 美形は微笑んでも、怖さ倍増だろうな。
 普段なら卒倒ものなのに、今の俺はろくすっぽ奴の顔が見えていない。涙でぐしゃぐしゃになってるからさ……。
「楽しいよ、すっごく。ああ、もう僕いきそうっ」
「ひいぃっ、ち、くび引っ張るなよ」
 興奮しているのか、千川はもう片方の手で俺の乳首をひっぱり、捏ね、ぐりぐりと指の腹で撫で回す。女じゃないのにそこも感じてしまって、声が止められない。
「やわらかくて女みたい。ピンク色だし」
「言うなっ!」
 ひそかに気にしてるのに!
 千川はまた声を出して笑い、扱く手を早めた。腰が何故か動き、俺たちは一緒になって揺れた。吐く息もお互いをむさぼるような熱さで、いきたいとしか考えられなくなる。
 こんなのおかしい。おかしいのに。
 さっきから何回も同じことを考えては、千川の手にグダグダにされてしまう俺。
 ずっちゅずっちゅといやらしい音がする。それさえも興奮の材料になる。
 千川の手も気持ちいい。
「うう……っ、はあ……っ、は……ん……くぅ……」
「あ、も……いこうよ」
 苦しそうな千川が先にいった。そしてぐったりと俺に凭れて来て、その白濁が俺のアレや股間や腹を濡らしていく。その熱さとヌルヌルで俺もいった……。
 また男にいかされてしまった……。
 男のロマンが一つ消えた気がする。

Posted by 斉藤杏奈