連載中 恋愛 結婚 婚約破棄 現代 裏切り 魔法 ファンタジー要素あり
倉橋すみれには前世の記憶がある。同じ人を好きになり告白したが手痛い代償を受ける羽目になり、世間の風はとてもすみれに冷たい。その傷を抉るかのように迫ってくるのは、前世と同じように自分を破滅へと導く男だった。もう誰も愛したくないすみれは、偽りの自分をいつまで演じ続けるのだろうか。

「これは一体どういうこと? レイナルド様は、ソフィア様と別れて、私と結婚すると約束してくだ ...

 私は俗に言う、天涯孤独の身の上だ。  父と母は想いあう仲だったらしいけれど、とある大企業 ...

 靖則は、顔だけはいい男だから、目の保養にはなると思う。  だけど心の中は、溝のような汚さ ...

 営業から回ってきた書類に不備があり、営業部のある4階のフロアに向かっている最中に、見覚え ...

 真嗣さんから連絡があったのは、それから数日後だった。当時勤めていた会社で、仕事だった給与 ...

 アパートの部屋に戻ってドアを閉めるのと同時に、携帯端末が鳴った。  見ると真嗣さんだ。ま ...

 それからの私は、真嗣さんの呼び出しに臆することなく応じるようになった。それは沙彩のプレゼ ...

 夢の中で、私はカンテラのようなものを持ち、夜の暗闇の中を、腰に剣を佩いた男と二人で歩いて ...