男なのにアイリーンと呼ばれる壱夜。仕事先で美麗な男に執着されて一度はうまく逃げられた。しかし、仕事も住む所も変えて平穏に暮らしていた壱夜のもとに、再び男があらわれる。逃げようとする壱夜だが二度目はなく、全てを男に飲み込まれていく……。