頼りにしていた家族達に先立たれて呆然としていた宮家の姫、珠子のもとへ、見目麗しい公卿である中納言兼左近衞大将の惇長が現れ、契約結婚を申し込んできた。さらに陰陽師の安倍彰親にも求愛されてとまどっているところへ、闇の妖の気配が忍び寄ってきた。契約のはずなのに惇長を愛した珠子の恋の行方は……。【番外編】太っている事を気に病んでいる百合は、宮家の血を引く公達に求められてしまう。果たして本気なのか、遊びなのか。