見つめないで 第6話

 ホテル翡翠に来てから、二週間が過ぎた。
 仕事はもちろんスーパーハード。オープンしてまだ数ヶ月しか経ってないから、客足が全く落ちてないらしく、部屋は毎日すべて埋まっていて、新しい予約は半年先になっているんだそうだ。
 今日も九時半のミーティングの後、担当の階の部屋の窓をすべて開け、シーツをはがすことから始まる。大体十部屋ほどが割り当てられているのを、ペアを組んだ人と、休憩時間をはさんで、指定時刻の午後二時までに終了しなければならない。他に各階のトイレやフロアの掃除もあるし、庭の除草作業なんかも入っていて、勤務時間みっちり動き回っている。
 だいたいルームメイクなんてものはどこも似たようなものだから、特に戸惑ったりしない。ただ、今までとは違って、このホテルは扱っている備品がすべて高価で割れ物が多いから、取り扱いにかなり注意が必要だ。
 大変だけど、逆にやりがいもあって張り合いが出る。むしろ楽しい。
 
 問題は、組まされるパートナーについてだ。
「ちょっとお、バス洗う洗剤が足りないんだけど?」
 容器をぷらぷらさせながら、小寺みちるが文句を言って部屋へ入ってきた。
 同じ年の正社員なんだけど、恐ろしくやる気がない。
「今朝、一定量を入れましたが?」
 バスをスポンジで擦り続けながら、返事をする。忙しいんだっつーの!
「ないものはないの! 早く取ってきてよ」
 これだ。
 朝、清掃用具の準備をするのは新入りの私の仕事で、いずれも皆ちゃんと準備している。にもかかわらず、この女と組むと必ず足りなくなる。絶対に嫌がらせで、半分以上どこかに流してしまっているのだ。
 仕方ないので容器を受け取って、掃除している七階から従業員用のエレベーターで二階へ降り、客室係の詰め所で再び補充した。容器に洗剤を一定量入れて戻ると、こんどはゴミ箱のビニール袋がないと文句を言う。これも今朝チェック済みでなくなるわけがない。清掃する部屋の倍数を準備しておいたのだから。
 小寺みちるはため息をついた。わざとらしい。口角が上がってるのが丸分かりよ!
「あんたさあ、ちょっとは真面目に仕事したら?」
 それはお前だと思いながら、再び詰め所へ戻った。そんなことを繰り返しているせいで仕事が大幅に遅れ、昼に休憩を取るどころではなくなり、しかもこの女はその遅れを取り戻す気もなく休んでいる。なんでこんなサボリ人間が正社員でいられるのか、全くもって謎だ。
「後ぉ、あんた、鏡の拭き方汚いわよー。チェックしてるの?」
 見ると、まだ掃除前だ。
「……これから掃除するつもりなのですが」
「はあ? まだやってないの? 一部屋何十分かかってんのぉ? おっそーい」
「………………」
 私を怒らせようとしているのが、丸わかりだ。
 だけど、低レベルな喧嘩をしている暇はない。ベッドメイクも基本二人でするのが規則なのに、この女は別の部屋でサボってるから皆一人でやっている。約十部屋の客室清掃は、朝の十時に始まって、午後の二時にはすべて終了しなければならない。一人で一部屋二十分の計算で行くと、こんなところでこの女とドンパチしている時間はないのだ。
 無言でバスルームの掃除を再開すると、小寺みちるはしっかりしてよねーと嫌味を言って、部屋を出て行った。どこかでサボる気満々だ。
 しっかりしてほしいのはこちらだ!
 
 休憩なしでフルタイムを働き、恐ろしく疲れた上空腹を抱えて仕事を終え、ロッカーへ戻った。
 小さい水筒を買っといて良かった。持ち歩いて水分補給できるし。あの女とペアの時は飴とかも必須だな。三日に一回はあの女か。面倒だなあ。
 あー……疲れた。
 今日の夕ご飯は適当にしよう。作る気力がないわ……。
 タイムカードを切るついでに見ると、小寺みちるは定時にお帰りだ。挨拶ぐらいしたらどうなんだろ……。
 私にばかり仕事をさせて、残業もせずに帰るとはどういう了見なんだ。
 あの女が、新人いびりをしているのに違いない。そりゃー嫌になるわ。毒のある私ですらむかついて、殴り飛ばしたくなるもん。
 和田チーフは何も言ってこないし、当たり前のことなのかしら? 忍さんは知ってるのかな?
 着替えて廊下へ出たら、何故か私服に着替えた早野チーフが居た。
「やあ春香ちゃん。待ってたんだー」
 春香ちゃん? なんで名前呼ばれた上、ちゃん付け?
 でもそこに突っ込むと面倒くさいことが起こりそうなので、言いたくなるのを我慢した。他にも春香ちゃんがいるのかもしれない。無視して通り過ぎようとすると、早野チーフは追いかけてきた。
「無視しないでよ。待ってたのに」
 やっぱり無理か。
 立ち止まって早野チーフに振り向いた。
「約束はしておりませんが?」
「してないけど、待ってたの」
「申し訳ございませんが、今日はこのあと用事がありますので」
「またまたー。今日は、家へ直行って忍が言ってたよ?」
 忍さんが?
 まったく! 余計なことを言う困った男だ。
 振り切るように歩き始めると、早野チーフは隣に並んだ。通り過ぎる従業員たちが、何事かとがん見するから大変困る。チーフコンシェルジュと新米客室係なんて、とても変な組み合わせだものね。なんとかして離れてもらわないと、へんな噂を流されかねない。
「今日は本当に困るんです」
「まあそう言わず。今日は忍は本社で会議だから、夜遅くなるって言ってた。ご飯は作らなくてもいいんじゃないの?」
 確かに昼にそういう内容のメールを受け取っている。だから今夜は簡単にしようと思ってるのに。
 目の前を、男の腕が通せんぼをした。したのは当然早野チーフだ。
「だーからさ、夕ご飯、一緒に食べよ?」
「お断りします」
「んー……。一緒してくれないと困るんだよね? 忍に頼まれた事だし。メール届いてない?」
 届いてないと言おうとしたら、ちょうどその時にメールが着信した。
 忍さんだ。
 ”悪いけど、早野チーフと夕飯を一緒にとってくれ。あとで感想を聞かせて欲しい”
「………………」
 なんじゃこりゃ。
「ほーらね。忍が言ってる」
 勝手に覗き込んで、早野チーフが言う。
 無言でPHSを片付け、最近くせになりつつあるため息をついた。ああもう、面倒くさい面倒くさい面倒くさいーっ!!!!!
「なんで、早野チーフと一緒でないと駄目なんですか?」
「一人だと不安だからじゃない? 忍って心配性だから」
「とても、そんな繊細さは見受けられませんけど」
 のほほんタイムを諦め、しかたなく早野チーフの隣を歩いた。全然釣り合わないから、すれ違う人たちは目を丸くしている。なんだって夕方に、こんな目立つ男と歩かなきゃいけないんだろう。夜勤への交代時間だから人が多いのよ……。
 わかってます総務のお姉さまたち。私と早野チーフは全然釣り合いませんよ。よくわかってますから、にらまないでください。
 あー、あれはフロント係のお姉さまだ。目つきが固いし怖い。敵認定されてたらどうしよう。
 ただでさえ小寺みちるで困ってるのに、これ以上面倒ごとは増やしたくない。
 早野チーフは、屋上へエレベーターのボタンを押した。やっぱりうちのレストランに行くのか。社員割引があるからって、こんな目立つ人とご飯は勘弁だわ……。おまけに今日の服装は、地味すぎるスーツだし、大丈夫かしら。早野チーフはそれなりの格好だけど。
「目立たない席だから、気にしなくていいよ」
「そういえば、従業員のエレベーターで行くって事は、従業員の休憩所がレストランのどこかにあるんですか?」
「いや、おえらいさんが来た時用の部屋があるんだ」
 なんだってそんなVIP専用部屋に、新入社員の私が行かなきゃいけないんだ。食堂部の人にもにらまれそうで困る。
「心配しなくても大丈夫。これはうちのホテルが新入社員全員にやってる事だ。二週間経った位に、これからも頑張ってという意味をこめて招待するのさ」
「そうなんですか?」
「うん。まあ……普通はその社員だけが招待されるんだけどね」
 ……駄目じゃん。やっぱり。
 エレベーターが屋上に着き、従業員の入り口からレストランへ入った。夕食の仕込みで皆忙しそうだ。私は皆に頭をさげて通り過ぎた。こんな中を歩くなんて申し訳なさ過ぎる。それでも笑顔しか返ってこなくてすごい。
 最後に、料理を作ってくれるシェフに引き合わされた。ひげをたくわえた、大男だった。
「三杉さん、ホテル翡翠へようこそ。今日は楽しんでいって欲しい。私は洋食料理長の滝澤哲だ」
「三杉春香です。ご馳走になります。よろしくお願いします」
 頭を下げたら、何故か思い切り頭をぐりぐりとされた。痛い痛い。なんだこの人っ!
「総支配人から聞いてたんだが、確かに可愛いな!」
「滝澤さん、止めといたほうがいい。忍が怒る」
「知るか。怒らせとけ」
 何だこの人たち、皆仲良いわけ? やっと頭を解放されて見上げると、滝澤さんはクマのような容貌を、にこにこ笑顔でいっぱいにした。
「忍が世話になってるそうだな。あいつは半人前だからよろしく頼むぞ」
 ……どう見ても滝澤さんがものすごく年上だから、仲がいいというより、子供のように見られてる?
 滝澤さんに席へ案内され、驚いた。
 なんかこれ……見覚えがある。というか、ここに来たことなかったっけ? 
 房の付いたカーテンに、柔らかなランプの光に……窓から見えるパノラマの美しい風景。
 礼を言いながら席に付き、メニューをめくって、それは確かなものになった。
 何もかも酷似している。
 周一郎さんのホテルのメニューと、この個室のレイアウトが。

Posted by 斉藤 杏奈