白の神子姫と竜の魔法

【完結済 ファンタジー 恋愛 美形 神子 異世界トリップ 強引 ヤンデレ 竜 ハッピーエンド 身代わり】
部活仲間の稔と言い合っている最中に、稔の小説ノートに吸い込まれてしまった鈴。その世界は魔法が使えて竜に変身する人間が居るという、まさしくファンタジーな世界。おまけにそこには稔にそっくりな宰相と、二ヶ月前に別れたばかりの彼に似ている王が居て、何故か王妃の身代わりをする事になってしまい……。

白の神子姫と竜の魔法 登場人物

鈴 白の神子姫。超前向きな性格。 ジークフリード 黒の竜族。宰相。 リン王妃 マリク王国の王妃。 リヒャルト国王 マリク王国の国王。 オ

白の神子姫と竜の魔法 第01話

華やかな舞踏会が繰り広げられていた。 着飾った貴族や軍人、王宮への出入りが許されている商人たち、隣国からの貴族や王族が参加

白の神子姫と竜の魔法 第02話

「なに、この暗い割には軽そうな話」 「暗くない。この渾身の作を暗いなんて、お前はまじで女捨ててんな」 ぽいと|稔《じん》にノ

白の神子姫と竜の魔法 第03話

目覚めたら、おとぎ話のお姫様が眠るようなベッドに横になっていた。 ……私って、確か部室に居たんだよね? そんでなんか白い光に

白の神子姫と竜の魔法 第04話

目覚めた時、自分の部屋ではなくてがっかりした。 あーあ……、やっぱり妙な魔法のノートに摂り憑かれてるんだ。なんで読めたんだ

白の神子姫と竜の魔法 第05話

「ちょ……、私、したことないっ」 「心配ない。私はある」 「あんたなんか嫌いだってば!」 「嫌いだろうが好きだろうが、身体を繋

白の神子姫と竜の魔法 第06話

起きたら、隣にジークフリードがいなくてほっとした。 「痛!」 起き上がった途端、もんのすごい激痛が下半身を中心に走った。 身体

白の神子姫と竜の魔法 第07話

それから一週間ほど、私はジークフリードの詰め込み教育を受けた。 本を読んだり、文章を書いたりはいいのだけど、ダンスとか、礼

白の神子姫と竜の魔法 第08話

その夜、陛下が部屋に偲んで来た。 「な、な、なんでしょうかっ」 びびる私の前で陛下の顔がゆがみ、ジークフリードの姿になった。

白の神子姫と竜の魔法 第09話

なんか……あったかいな。すべすべしてるというか、あらぬところがべたべたしているというか……。 ああ、シーツはさらさらで気持

白の神子姫と竜の魔法 第10話

そして、再び私は、ジークフリードのダンスの猛特訓を受けていた。 この男も忙しいだろうに、よくつきあうもんだ。 元の世界で言う

白の神子姫と竜の魔法 第11話

舞踏会というものに出るのは初めてだ。 国王主催なので名だたる貴族が列席し、しかも今回は、諸外国の貴族や王族が招かれている。

白の神子姫と竜の魔法 第12話

「王后陛下、貴女は国王陛下にとっての唯一の御方です。それは誰にも覆せないのです。それをよくご理解ください」 「ジークフリー

白の神子姫と竜の魔法 第13話

白木さんは、驚いている私に大笑いした。 「私も一応神子だからね。対になる神子が替え玉だなんてすぐにわかったのよ。ものすごく

白の神子姫と竜の魔法 第14話

ご飯らしいご飯が差し入れられたのは、このかび臭くて汚い牢獄に入れられてから二日後の夜だった。扉の横にある差し入れ口から入

白の神子姫と竜の魔法 第15話

馬車が止まったのは、次の日の夕方だった。 脱獄した時刻は、深夜だと思っていたのは私の勘違いで、夜明け前に限りなく近い、人が

白の神子姫と竜の魔法 第16話

車窓の外には、大草原が広がっていた。私の身長程しかない低い木が、硬そうな緑の葉を扇のように広げて、おおよそ茂っているとは

白の神子姫と竜の魔法 第17話

宿へ入るなり、ギュンター王子は真っ先に宿屋の主人に、部屋へ案内させた。 「疲れただろうから、ゆっくり休んで」 そう言って、笑

白の神子姫と竜の魔法 第18話

薄暗い中で目覚めたら、清潔で真っ白な天井が目に入った。 「気づきましたか? まだ時間は少ししか経ってません。同じ日の夜です」

白の神子姫と竜の魔法 第19話

「黒竜公……」 オトフリートがつぶやいた。 黒竜公って、ジークフリードのお父さんよね? 道理で顔が似てると思った……。すごく怖

白の神子姫と竜の魔法 第20話

ジークフリードの手のひらが、熱い。 何度も何度も、私の首筋に口付けを繰り返し、体温を移すかのように密着する。うれしそうに囁

白の神子姫と竜の魔法 第21話

あー……あったかい。 ふんわりふわふわ……気持ちいい。すべすべだし。ん? すべすべって何が? すべすべ……。 違和感に目をぱちっ

白の神子姫と竜の魔法 第22話

ああ、また夢の中だ。 この空間は記憶にある……。 確か、白木さんとオトフリートに夢の中で出会った時、こんな柔らかな空間だった

白の神子姫と竜の魔法 第23話

『ロザリン姫について、どこまでご存知ですか?』 「ギュンター王子のお兄さんの婚約者で、血縁に黒竜公の妹君がいらっしゃるって

白の神子姫と竜の魔法 第24話

ぶわりと何かが吹き出て、周りが七色の虹に包まれた。 オトフリートに抱きしめられたまま、身体はどこかへ運ばれていく。夢だけれ

白の神子姫と竜の魔法 第25話

「やっと行ってくれたのね、ドリス様のところへ」 はー……。 気が抜けた私は、ソファに深く沈みこんだ。 連れ去られてから、もう一

白の神子姫と竜の魔法 第26話

翌朝、妙な色の飲み物を、シャルロッテに手渡された。 クリスタルのグラスに入っているそれは、白色に七色の虹が混ざっているよう

白の神子姫と竜の魔法 第27話

結局、何の収穫もないまま、貴重な外出日は終わってしまった。 知りたくもないのに知った情報は、ギュンター王子は何が何でも私を

白の神子姫と竜の魔法 第28話

侍女たちが、おろおろと懇願している。 「お鎮まり下さいませ、王后陛下。どうか、どうか……」 「お前たちこそお下がり。私はその

白の神子姫と竜の魔法 第29話

皇太子妃候補からは外されたとのことで、私はその日のうちに王后の棟へ移った。ギュンター王子にまた言い寄られたら困るし、ジー

白の神子姫と竜の魔法 第30話

白木さんに会いたい。彼女はきっと、オトフリートに詳しいはずだ。だって、私の夢の中へ一緒に入ってきたくらいだし。 私もそんな

白の神子姫と竜の魔法 第31話

「銀……」 私の呟きに、オトフリートはくすりと笑った。 「最初に貴女の夢に訪問した時に、そう言ったでしょう? 私は銀の竜族だと

白の神子姫と竜の魔法 第32話

あれ? いつまで待っても衝撃が来ない。それどころか、ジークフリードは私を離し、黒竜公を追う。 「お待ちを! 父上」 黒竜公は立ち

白の神子姫と竜の魔法 第33話

オトフリートは、ジークフリードが傷口を治そうとするのを、頑なに拒否した。 「私は、この城に……鈴……様がいらした時に、黒…