白の神子姫と竜の魔法 第32話

 あれ?
 いつまで待っても衝撃が来ない。それどころか、ジークフリードは私を離し、黒竜公を追う。
「お待ちを! 父上」
 黒竜公は立ち止まり、ゆっくりと振り返った。
 ジークフリードは片膝をついた。私は、彼がそんなふうに人に傅くのをはじめて見た。
 どうしたの? ジークフリード。私を……。

「……できません」

「何?」
 驚いて問い返す黒竜公の声と、オトフリートが「馬鹿な」と言う言葉が重なった。
「今何と言った?」
 黒竜公が戻ってくる。ジークフリードは、片膝をついて頭を下げたまま動かない。
「できませんと、申し上げました」
「この私に逆らうと言うのか!」
 実の息子であるジークフリードを、黒竜公は情け容赦なく蹴飛ばした。ジークフリードはまともに蹴りを受け、そのまま床に転がった。
「私はお前を、そのような腑抜けに育てた覚えは無い!」
「お止めください!」
 部屋の出入り口にたむろしている使用人たちを掻き分けて、ジーナが駆け込んできた。そしてジークフリードに駆け寄り、切れた唇から流れる血を、自分のハンカチで押さえた。
「なんということを……」
 ジークフリードをわが子のように抱きしめ、ジーナは肩を震わせて泣いた。
「案ずるな、ジーナ」
「でも」
「いいのだ」
 ジークフリードはジーナにハンカチを返して、ふらりと立ちがあがり、黒竜公を静かに見つめた。その黒の双眸には悲しみと諦めが色濃く滲んでいて、見ているだけで胸が締め付けられる。
「父上、私は貴方に育てられたのではない。私とクララを育ててくれたのは、このジーナとそこに居る城の者たちだ……!」
「愚か者めが!」
 黒竜公の右手が竜の手に変化し、ジークフリードの胸を切りつけた。避けなかったから、服が引き裂かれて血が流れた。前に垂れ下がっていた黒髪も切られ、血と共に下へ落ちていく。
「いつからお前は、そんな軟弱者に成り下がった。宰相たるもの、いらぬ感情は切り捨てろ」
「なら父上、貴方は、自分や国の為に母上を殺せるのですか?」
「黙れ!」
 激昂した黒竜公が、銀色の光の衝撃波を振り上げた右の手のひらから放った。ジークフリードは衝撃波を真正面から受け止め、後ろにあった天蓋が落ちている寝台と壁にぶつかって転がった。次いで、部屋の窓も壁も全てが破壊され、破片が私のほうへ飛んできた。
「きゃあっ!」
 破片が突き刺さると思った刹那、近くに座り込んでいた瀕死のオトフリートが、バリヤーを作って避けてくれた。
 体力が消耗するから、魔力を使わせたくないのに、オトフリートはバリヤーを張るのを止めない。この人は、この人なりに、私を大事に思ってくれている。そんな価値ないのに。
 私は、オトフリートの傍らに膝をついた。
「……見ていなさい、彼らの正体を。そうしたら貴女は目が覚める。だが、私が描いていたものとは、筋書きが変わりそうだ」
 寂しそうにオトフリートは笑う。ジーナが寄ってきて、どくどくと血を流し続ける傷口の応急手当を始めた。脂汗がひどくて顔色が土気色になっている。直ぐにでも手術をしたほうがいいほどの傷なのに、オトフリートは座り続けた。

 黒竜公があの魔法のノートを出現させ、あちこち傷を負ったジークフリートに投げつけた。
「書け。その娘の死を!」
「できませんと申し上げました」
「お前は、私にいつから逆らうようになった……?」
 地の底を這うような、低い声は、黒竜公の怒りを強く現していた。普通の人なら失神するであろう恐ろしい形相に、ジークフリードは動じない。
「確かに私は、リン王后を愛していました。だが、今は鈴を愛しているのです」
「まだ言うのか、ジークフリード!」
 また衝撃波が放たれる。ジークフリードはまた避けなかった。しかし今度は、ジークフリードを傷つけるには及ばず、彼の中に吸い込まれていった。
 黒竜公は、自分よりも息子の魔力が上回ったのを目の当たりにし、切れ長の目を見開いた。
「お前……!」
 ジークフリードはノートを開いた。相変わらず、文字が次々と浮かび上がっている。
 それをやわらかく見つめながら、ジークフリードは竜の爪でなぞった。
「相手を束縛し、意のままに操るノート。私は、鈴が言う事を聞かなければ使うつもりで、これを作り出しました」
「フィン」
 私の声にジークフリードは反応し、こちらを見てくれた。愛しさに満ちた瞳で。
「……でも、どうしてもできなかった」
 静かにノートは閉じられる。
「魔法で相手を意のままに操ったら、また、母上のような人間をまた生み出してしまう。そんなおろかな真似がどうしてできよう」
 オトフリートがそこに口を挟んだ。
「宰相。しかし貴方は、最初に鈴を脅した」
 こくりとジークフリードはうなずく。
「確かにそうだ。だが、私は絶対に相手を操るまいと、鈴が逆らった時に決めた。脅しに逆らい怒りに燃えるその心は、自由であるべきだと思った」
 オトフリートは深くため息をついた。
「蘭の思いは、確かにお前に受け継がれているようだ……」
 ゆっくりとオトフリートは床へ倒れていく。さすがにもう横にならなければ、起きてはいられないのだろう。
 大きく崩れた壁や窓から強風が入り込み、部屋の中を駆け抜けた。
 黒竜公は竜の手を普通の手に戻し、目を細めて自嘲気味に笑った。何故か、自分を見捨てて置きざりにする親に縋り付く幼子が、その姿と重なった。
「そういうことか……」
「どうしたの……?」
 黒竜公に抱かれているラン様が、何度か目を瞬きして黒竜公を見上げ、なんと優しく口付けた。
「なんでもありませんよ、ラン。行きましょうか」
 たちまち黒竜公の声が甘くなる。
 黒竜公は私たちを一瞥して、再び身を翻す。そのまま出て行くのかと思いきや、立ち止まった。
「オトフリート。すべて失敗したな」
「いかなる罰をも覚悟しております」
 オトフリートが言う。
「お前には、それすら受ける価値は無い」
 冷たく言い捨て、黒竜公は部屋を出て行った。

 黒竜公は、ジークフリードと私が共にあることを、許してくれたのだ……。

Posted by 斉藤 杏奈