天使のかたわれ 第16話

 ギリシャからドイツまで飛行機を使い、シュレーゲルへ戻る車の中で、雅明は氷のような表情を崩さなかった。
 身体中で自分を拒絶する雅明を見て、隣のエリザベートは満足そうに言う。
「佐藤貴明が日本で残念ね。彼が一緒にいたら、恵美を奏などに渡さないんでしょうけど」
 助けてくれるはずの味方は、今ではエリザベートの配下となっているため、すべて敵だ。アネモネの夫のラウルの姿もある。
「大丈夫、奏は恵美が欲しいだけ。命の危険なんかないわ。貴方の大切なソルヴェイは、私が助けないと今にも殺されそうだけど……。ま、あの猿ならすぐにほだされてしまうでしょう、奏はアクセルを振って選んだ男にそっくりだもの。どちらにしても、猿をシュレーゲル一族が認めるわけがないわ……ふふふ。かわいそうなアウグスト。言い訳もできないのよね」
 雅明はそこではじめて、無表情だった顔に笑顔を刻んだ。感情の全てが削ぎ落とされたままのそれは、魔すら潜ませて輝くように美しい。
「そうだな。私は、本当に愛した女だけには言い訳をしたくない」
 その言葉の棘を十二分に感じ取ったエリザベートは、憤怒の怒りを滾らせて雅明を睨みつけた。
「そう! 今頃は奏のものになっているでしょうね。貴方は人の慰み者になった女を妻に迎えるつもり?」
「……私は経験豊富な熟女が好きなんだ」
「ま……っ!」
 未だに男を知らない彼女への痛烈な皮肉に、さすがのエリザベートも絶句した。
 運転している男と助手席、雅明を挟んで反対側にいるラウルが、さすがに堪えきれずに笑い出す。
 彼らは今、ただ単にエリザベートと契約しているから従っているだけで、仲間の雅明に害意など欠片もない。
 前方に、シュレーゲルの壮麗で広大な館が見えてきた。

 恵美は思い切り顔をしかめていた。車の走りは快適で、秋の草花が見える景色も絶景なのに、隣の男のせいで胸がむかむかする。
 バスでアテネへ帰るつもりでいたものを、レンタカーにされた。密室で一緒の空気も吸うもの嫌な相手に。
 前を走っている車の後部座席には、アネモネが乗っている。アネモネは奏の配下の男に見張られながらも、恵美をバックミラーで見つめてくれているが……。
(別々にする必要なんてないじゃないの!)
 デルフィまで来た道をひたすら逆へ行く。同じ道なのに、あんなに楽しかった行きの道中が、恐ろしくつまらない。
 別の車両を許しているのは、そうしないと雅明について話さないと奏に脅されたからだ。それなのにホテルを出てから、奏は一言も知りたいことを話してくれず、やたらと甘ったるい言葉を囁くばかりで、恵美はうんざりしていた。
「ごたくは結構ですから、雅明さんが何故伝言もなしにドイツへ帰ったのか教えて」
 何度同じ言葉を言っただろう。最初はおそるおそる聞いていたものが、あまりにもはぐらかされるものだから、今ではかなりつっけんどんなものになっていた。

 奏はやれやれとため息をついた。
「そんなのあとで良いじゃないですか……。どの道貴女はドイツへ行けないんですよ、それより……」
 また話をはぐらかそうとするので、恵美はきつとなった。
「話してください!」
 大きなバスが前方から近づいてくる。奏は車を道の端に移動してバスを通し、再び発進した。
「先日申し上げたでしょう? エリザベートさんと婚約する為にですよ」
「タベルナの時は騙されたけど、今は騙されないわよ。それならちゃんと言うはずでしょう? 特にあのエリザベートさんが言わないはずがないわ。私にちゃんと致命傷を与えたいでしょうから。例え大嫌いな日本人でもね」
「意外に頭がいいんですね」
 思い切り馬鹿にされ、かっとなった恵美は奏をぶん殴ろうとして堪えた。ここで臍を曲げられたら、聞き出せなくなる。事故も怖い。
「実際のところは、シュレーゲル伯爵アルブレヒト翁が、危篤だからです。アルブレヒト翁が、雅明さんに伯爵号と譲られるらしいと伺っています……」
「……そんなに親しい間柄なの?」
「彼がドイツへ渡った時から、家族同然にお暮らしだったようです。すぐにでも駆けつけたくなるのが、人情と言うものでしょう」
「でもそれなら……、私に言付けてくれたって」
「翁は、一刻を争うほど危険な容態だそうです」
「…………」
 たとえば麻理子なら、それならなおさら雅明が恵美を起こすはずだと疑い、奏が何か一番重要な部分を隠していると気づいただろうが、人のいい恵美は奏の言葉を信じた。
 それでいいと奏は内心で微笑む。
 どのみちばらすのなら、より効果的に、己へ恵美が堕ちてくる方向へ仕向けたい。
 奏は恵美に気づかれないようにそっと彼女を見た。
 近くにいるとより素晴らしい女だ。
 長く美しい黒髪。小柄だが、豊満な胸と腰がなだらかな曲線を描いて、強烈に女を意識させる。同時に強い母性と癒しと清楚さを兼ね備えているのだから、たまらない。
 すべてが露見する日が待ち遠しい。
 いや、あせりは禁物だ。
 奏は獲物が罠にかかるのをじっと待つ、狩人の気分だ。
 傷ついた恵美を精一杯慰めよう。子供が居たってかまわない。一緒に住んで面倒を見る自信がある。受け入れる用意は全て整っているのだから

 途中にぽつんとある小さな町で、奏が車を止めた。土産物屋ではないが、田舎町にしては品がそろっている店で、観光客たちがまばらにいた。数時間先のデルフィまでは店が皆無なので、皆ここでいろいろと買っていくのだった。

 恵美はトイレで化粧を直し、ポーチを鞄にしまうとそのまま化粧室を出て、外の庭の大きな木の下で携帯を取り出し、日本の貴明へ電話をかけた。
 アネモネは車の中で留められているのか、姿は無い。そこかしこにいるのは恵美と同じ観光客で、用意された小さな庭のベンチ腰をかけておしゃべりをしている。
 何故か、最初に出てきたのは子供たちだった。
『お母様元気?』
 明るい美雪の声が携帯から響き、恵美は笑顔になる。
「元気よ。美雪はとても元気そうね? 穂高も元気かしら?」
『元気だけどさ~。さっきお菓子食べ過ぎで、お腹壊してトイレなの。麻理子お姉さまに注意されてたのに、隠れてこっそり食べてたみたい』
「しようがない子ねえ」
 しばらく話をして、貴明に代わってもらった。麻理子は今日はつわりが重くて、ずっと寝こんでいるらしい。
『それより恵美、大丈夫なのか?』
「……圭吾にそっくりな弟さんが現れて、とてもびっくりしたわ」
『あいつには気をつけろよ。お前を狙ってるから』
 恵美はおかしくなって、笑った。
「簡単にやれる女としてでしょう? 雅明さんもどうかしら? エリザベートさんという婚約者さんがいらっしゃるみたい。貴明は知ってたんでしょう?」
『知ってるけれど、あれはもうだいぶ昔に破棄されたものだ』
「奏さんのことも知っていたんでしょう?」
 貴明は隠しおおせないと悟ったらしく、すぐに認めた。
『知っていた』
 自分だけが知らされていないという疎外感が、恵美を傷つけた。さほど高くないプライドも壊れそうだ。
「……私が、私が、圭吾にそっくりなだけで、どうにかなると思っていたのね」
『そうじゃない。ただ、良い影響は与えないのは……』
「そうね。圭吾の指輪を奪って、無理やりキスしてくるような人だわ。でもそれならそうと言えばいいでしょう? 雅明さんだって同じじゃない。何故こそこそ隠したりするの。言ってくれたら納得したわ」
『お前はまだ親父を愛している。傷つけたくなかったんだ』
「似ているだけで、私があの人を愛するかもって思ったわけ? ふざけないで! そうね、最初は圭吾と間違えたわよ、だけど、それだけよ」
『わかっている……だけど、恵美』
「もういいわ。とにかくあんたは、麻理子さんだけを大事にしてたらいいの。余計な気を回す必要は無いわ。じゃあね!」 
 振り切るように恵美は携帯を切り、木に凭れてうつむいた。

 太陽が出ていないので、風はひんやりとしていた。
 繊細な鳴き声がして見おろすと、とら猫が足下にすりよっていた。恵美は屈んでその猫の頭を撫でた。顎をくすぐるとゴロゴロと気持ち良さそうだ。
「猫が好きですか?」
 いつからいたのか、背後から奏が同じようにかがみ込んで、猫を見ている。
「……好きよ」
「俺もです。この我がまま勝手な所が特にね」
 奏はじっと恵美が猫を撫でているのを見つめ、言った。
「恵美さんは本当に綺麗ですね」
「お世辞でもうれしいわ」
 お世辞ではないのにと奏は立ち上がり、恵美も立ち上がった。猫はえさをくれそうなほかの観光客へすりよりに行った。
「俺は、簡単にやれるからって、貴女にキスしたんじゃありません。前にお話したように、本当に好きだからです」
「…………」
「すみません、その辺から電話を立ち聞きしました」
「どうだって構わないわ」
 恵美はかなり投げやりになっていた。
「指輪を奪ったり、その、キスしたりと行き過ぎてるし、強引だとは思っています。でも、雅明さんの事は、貴女を悲しませるぐらいなら、受けなければよかったと後悔しているくらいなんです」
「本当?」
「ええ。いくら貴女が好きでも、するべきではありませんでした。指輪もホテルに着いたらお返ししましょう。今は持っていませんので……」
 言いながら手を伸ばしかけて、奏は恵美の警戒を敏感に感じ取り、すぐに引っ込めた。
 恵美への配慮にあふれたその態度は、ささくれだっていた恵美の心を穏やかにして、やさしいものに変えていった。
「……わかりました。とりあえずのどが渇いたわ」
 とても嬉しそうに奏は笑った。それはかつてよく見ていた圭吾の笑みそのもので、恵美はつい微笑み返した。

Posted by 斉藤 杏奈