びけいこわい 第1話

 乳首をこりこりと親指と人差し指で捏ねられて、懸命にその疼きを我慢する。
 奴は面白そうに、今度は摘んで引っ張った。
 もうたまらない。
「あ……あぁ!」
 低く笑う気配がする。。
「本当に素直じゃないんだから、薫は。こっちも凄いんだよ?」
「うるさ……だま……あん……やめ! くそ……あぁっ!」
 股間のものを思う様に嬲られて、もうそこは固くギンギンに張りつめている。しかも、後ろは奴のものがぐっさりと刺さっている状態だ。どろどろのでろでろになっているのがいやらしくて情けない。だけど、反応してしまうんだ。
 いきそうになったら、固く握り締められた。
「いきたい……」
「駄目。僕ので先にいってね」
 言われるなり、ずうんと衝撃が来た。乳首よりも息子よりも大きな疼きに、気が狂いそうになる。逃げたいけど逃げたくない。逃げたくないのに逃げたい。
 俺のじゃないベッドのシーツを握り締めて、唇をかんだら、奴の指が邪魔をする。
「声、聞かせないとね」
 耳をねっとりと舐められて、ぐいぐいと押し上げられていく。
「や……だっ! あああっ……ん……んぅ……は……はぁ……!」
 容赦がない奴のあれ。翻弄されるだけの俺。
 ベッドが揺れて、目の前が霞む。
 苦手で怖い、やけに綺麗な顔が近い。
 重なる唇。もう俺の口の周りは自分と、奴の唾液でべちょべちょだ。
 俺……なんでこんな事になってんだろうか。 
 俺は美形が嫌いだ。
 女でも男でも、顔がやたらと整っている奴を見ると、身体が拒絶反応を起こして硬直かもしくは逃げ出してしまう。
 別に昔いじめられたとか、告白してふられたとか、そういうトラウマがあるわけじゃない。ただ、猛烈に苦手なんだ。
 ぼーっと数学の教科書を覗いていたら、前の席に友人の池田響が座った。
「薫、目の下クマあるぞ。ゲームで戦ったな」
 なんじゃ、その実戦したみたいな言い方は!
「しないよ。来週から期末テストだろ」
「まっじめー」
「あのな。今真面目にやっとかないと、あとでひどい目に遭うぞ?」
「おれんち金持ちだし」
「馬鹿か? 頭悪すぎたら裏口入学もできねーよ」
「ひでー」
 ぎゃはははと笑いう響。本当はこいつは頭がいいから、俺より余裕なんだ。うらやましいなあ。
 はあとため息をつき、ノートもを広げる。
 ふと視線を感じた。
 誰だかわかってる。
 だけど見ちゃいけない。
 見ているのは、学校一のモテ男の千川要だ。
 お前、自意識過剰なんじゃねーのー? と言われるかもしれないけど、マジで奴は俺を事あるごとに睨んでいる。やたらと整った顔立ちの奴だから、怖さ倍増だ。
 ただでさえ俺は美形が苦手なのに、目を付けられてるなんて最悪だ。
 でも、心当たりがまったくない。
 俺は不良でもないし、部活だって美術部を真面目にやってる。成績も常にトップという奴と違って、真ん中の少し上という平凡極まりない順位だ。トップの座を脅かすような存在でもないはず。男子校だから女関係でもないし。
 一体なんでだ……?
 ふっと視線が外れた。
「お前らーチャイムは鳴ってるぞー」
 扉を開けて先生が入ってくる。
 ああ、先生が来たからか……。
 千川は俺より前の席だから、授業中は見られなくてすむ。
 ほっとした。
 昼休み、響と屋上で飯を食ってると、響が言った。
「お前さ、千川にまた睨まれてたな」
「……やっぱりそう?」
「なんか、親の敵みたいに睨んでるよな、時々。あいつと実は隠れた兄弟とかじゃねえ?」
「んなわけねえだろ!」
 デブの親父、平凡のおふくろ、どっちともそんな甲斐性があるとは思えない。
 頭に来たから響の豪華弁当の、カニコロッケを取ってやった。
「ああ! 何しやがるてめえっ」
「いい気味だ。彼女がいるくせに人を詮索して面白がる罰だ」
 響には他校に彼女がいる。しかも美人だ。んで豪華弁当は、毎朝彼女が待ち合わせの駅で渡してくれる、愛妻弁当なわけ。くっそうらやましい!
 爆発してしまえってんだ。
「まあよお……。ちょっとあれは尋常じゃねえ睨みだから、気をつけろよ? お前非力だし殴られたら死ぬかも」
「……それぐらい睨まれてるのに、なんで皆気づかないんだよ」
 気づいてるのは響だけ。
「そりゃお前、皆、品行方正の奴に騙されてんだ。すげえ上手に被ってやがるからなあ」
「あいつ不良なの?」
「それぐらいなら、まだ良いほうなんじゃねえの。ま、気をつけろ」
 まだ良いほうってなんなんだよ~っ!! 怖すぎるじゃん!
「空手初段で助けてくれない?」
 響は空手の段もちだ。力もある。
「学校にいる間はなんとかなるけど、いっつも一緒ってわけにはいかねえだろ? それともお前空手習う?」
「や、それはいい」
 暴力嫌い。暴力反対。
「だろ? とにかく奴とは目を合わせないようにして、二人きりにならないようにしろ」
「それだけ?」
「とりあえずはな。実害は今んところねえだろうし」
 実害って……。やっぱり殴られたり刺されたりされるんだろうか。されかねない睨みだよなあれ。怖すぎる。
 屋上での昼休みは、俺が唯一安らげる時間だ。何故なら奴は生徒会長だから、昼は生徒会室で取っている。でも途中で教室に戻ってきやがるんだ。だから、どちらからともほど遠い屋上で取ってるってわけだ。
 雨が降ったらここは使えないから、奴に睨まれながら取る羽目になる。雨の日は地獄だ。
 響のスマホが鳴る。にやにやする響の顔から察するに、愛しの彼女だな。
「今日はデート?」
「ああ。だから放課後無理だわ。なんなら待ってるけど……」
「多分大丈夫だよ。今までそうだったし」
「他のやつらとなるべく行動しろよ」
「うん」
「まあ今日は、生徒会は放課後会議らしいから、大丈夫だろうけどな」
 今日は大丈夫だけど明日はわからない。
 それが嫌なところだった。
 五時間目の途中から降り出した雨は、今では本降りだ。
 運動部の連中は、体育館での練習か休みになったらしい。
 俺は美術部だから関係ない話だ。
 美術部の部室は、俺たちの教室がある棟から、渡り廊下を挟んで、大分離れた場所にある。先生に画材を職員室に忘れたから、取りに言って欲しいと頼まれて、画材を抱えて俺は1人、放課後の廊下を歩いていた。
「重い。やっぱり二人で来たかったのに。面倒なのは俺も同じだっての」
 ぶつぶつ言いながら、薄暗い廊下を1人で早足で歩く。
 その時だった。 
 曲がり角からいきなり誰か飛び出してきて、通せんぼされた。
「…………──っ!」
 千川だ。
 うそだろ。
 今日は、生徒会室で会議だって聞いてたのに……。
「ちょっと、こっちに来てくれる?」
 超低温な声で言う千川。目がやっぱり怖い。命の危険を感じたから後ずさると、千川はずずいと進んだ。
 ちくしょう。こんな時に限って誰も来ない。いつもなら、他のやつらが結構通ってるのに。やっぱり響に待ってて貰うべきだったか。でも彼女とデートするってのに、時間を遅らせてもらうわけにはいかない。馬に蹴られてしまう!
「お、俺……部活ある……から」
 なけなしの勇気を絞りつつ言う。怖すぎて声に力が入らない。
 情けねえ! でも仕方ないだろ! 目の前の千川は、今にも俺を殺しそうな殺気を帯びてんだ。普通なら絶対動けなくなる。口も凍りつくはずだ!
「直ぐ終わるから」
「俺、急ぐし……」
 殺気をかわして横から逃げようとした。けど、千川は体育でもトップクラスの優秀さだ。普通の俺じゃとても叶う相手じゃなくって、あっさりと捕まり、直ぐそこの無人の技術室に連れ込まれた。
 おい! 何で授業終わってるのに空いてんだよ! 怠慢だぞ教師~っ!
 鍵を閉める嫌な音が響く。いよいよやばい……。
 そうだっ窓!
 画材道具を放り出して、窓際に走った。でもすぐに感づいた千川が、そんな俺を背後から床へ押し倒してきやがった。
 変なカッコで倒れてしまい、びたんと間抜けな音がする。手が痛いっ!
 つーかこれ、めちゃくちゃピンチ! 殺気を放つ千川に、背後から圧し掛かられてるんだぞ、俺。このまんま、首を絞め殺されてしまったら……。
「ぐ……離せよ!」
「薫」
 いきなり名前呼ぶか! 俺には立派な白鳥って名字があるんだ。白鳥薫って女みたいだって笑われてるけどな。じゃなーい。離せ! 渾身の力をこめて、奴から這い出ようとしたものの、怪力の持ち主なのか出られない。非力だから仕方ないとしても、情けなさ過ぎる。
 いきなり世界が反転した。
 千川が俺を仰向けに転がしたんだ。
「ひ……っ」
 美形顔が至近距離にある……。しかも殺気を一杯漲らせて。
 やばいやばいやばい~っ!!!!!
 汗はすごいし、涙まで出てきた。だって殺されるんだぞ? 泣けるわ普通。
 父さん母さんゴメン。俺の命は今日これまでだ。
 目を固く瞑って、来るべき衝撃に備えていたら、頬に生暖かい汁気たっぷりの感触が走った。
 ……何? 今の。
 魔物か? 昨日30分だけやったゲームに、触手のすげえのがいたんだが、あれが出てきてしまったのか現実に……。
 なわけあるか! 絶対違う!
 考えたくない可能性に震えていたら、また同じ感触が……。
 俺、俺、千川に舐められてる~!
 目を開けるのが猛烈に怖い!

Posted by 斉藤杏奈